メイク落としを適当に選んではいけない!?

あなたはどうやってメイク落としを選んでいますか?
あなたに合ったメイク落としを選べていますか?

 

メイク落とし

 

 

自分の肌に合うメイク落としといっても種類も沢山あってどれを選べばいいか分かりにくいですよね。
オイルにジェル、シートにミルク、ウォーターetc・・・
値段も幅広く、ドラッグストアやスーパーでも販売されていますし、百貨店や化粧品専門店でも取り扱っています。

 

 

あなたに合ったクレンジングは、どういったメイク落としなのでしょう?

 

 

 

30代40代‘大人向け’のメイク落としがおすすめの理由

 

ここ近年、30代、40代、50代向けの大人の女性用の化粧品などが出てきています。
メイク落としもそういう傾向が強く、大人の女性をターゲットにした商品が増えています。

 

 

肌の調子は年によって変わってきます。
若いときは考えなかった肌のたるみやほうれい線、小じわなどは例えば40代以降の女性なら気にしている人の方が多いですよね。

 

化粧水や美容液、クリームなどは「40代以上の女性に」「エイジング世代に」といった大人の女性に向けた商品が多数出ていますし、そういう化粧品を使っていませんか?

 

その一方クレンジングや洗顔は昔と同じまま、いつも同じ商品という人も少なくないようです。

 

肌の調子も肌の悩みも違う若い世代と同じクレンジングでいいのでしょうか?

 

 

メイク落としを変えたら・・・肌の調子が劇的に変わった!

 

メイク落としを変えたら肌が劇的に変わった経験があります。


 

私はこれまでメイク落としを適当に選んできました。若いときはそれでよかったのですが、
肌の調子が落ちたとき、肌質が変わったとき、年を取って来たとき、
適当に選んだクレンジングに限界を感じ、
きちんとクレンジングを選んでみることにしました。

 

 

そのメイク落としの特徴を考えながら選ぶと、やっぱり違いますね。

 

合わないメイク落としを使っていたときは、酷い乾燥肌が治らなかったのですが、
クレンジングを見直したところ、随分肌の調子がよくなったことがあります。

 

肌の調子が整ったことでベースメイクが崩れにくくなり朝のメイク時間も短縮できました。

 

その後、肌の調子は整ったのですが・・・
30代に入ってから今度は肌のたるみやゆるみといった肌に年齢を感じることが増えてきました。
単なる乾燥とは違う、しぼんだような感じをクレンジングの後に感じることがあったのですが、
クレンジングを変えたところその感じが減りました。

 

そういった経験から感じたのは、
メイク落とし選びの際には肌質はもちろん年代で選ぶことも大切、ということ。

 

 

大人の肌や悩みに合わせて設計されたいいメイク落とし、増えてます

 

大人向けメイク落とし

 

大人世代やエイジングケアが気になる方におすすめのメイク落としが増えてます。
実際に使ってみると‘痒い所に手が届く’ようなすごくいい商品が多いことに気づきました。

 

当サイトでは、30代40代以降の大人の女性におすすめのメイク落としを集めてみました。

 

なぜかというと、巷で販売されているクレンジングの多くが若い子向けの商品が多いからと、
やはり、肌の変化を感じ、新たな悩みが出るのが30代40代で多いからです。

 

また、近年、大人の女性に向けた商品が増えてきたことと、本当にこれはいい!という商品が登場してきたから、という部分も大きいです。

 

 

当サイトで紹介しているクレンジングはどれも、実際に使ってよかった商品です。

 

 

 

 

 

 

メイク落としは色々あるけれど・・・

 

 

メイク落とし、クレンジング、化粧落としetc・・・
呼び方は様々ですが、どれも化粧を落とす化粧品のことを指しますね。

 

「メイク落とし」といっても種類は本当に様々。しかも新しい形状も登場したりして種類も豊富に。
それぞれに特徴があり、メリット・デメリットがあります。

 

 

値段や買いやすさだけでなく、使い心地やタイプ(その特徴)を考えながら選ぶと
たくさんのメイク落としがある中から自分の肌に合った商品を見つけやすいかと思います。

 

当サイトでは、メイク落としの特徴、肌質別のおすすめタイプ、そして、タイプ別でのおすすめメイク落としを紹介しています。

 

まず、おおまかなメイク落としの種類について紹介しますね♪

 

 

 

 

メイク落としの種類

 

メイク落とし

 

メイク落とし(クレンジング)の種類と特長、向いているといわれる肌質についてまとめてみようと思います。
現在の所、大まかに分けて、クレンジングは以下の種類に分類されます。

 

 

クレンジングオイル

 

オイルタイプのクレンジングです。
オイル独特の滑りやすさとしっかりしたメイクも落としやすいことだけでなく
毛穴の汚れや黒ずみも落とすことができるクレンジング料です。

 

濃いめのメイクも落としやすい反面、刺激が強いものも多いです。

 

脂性肌や毛穴の汚れが気になる肌におすすめです。
また、乾燥肌などでも、肌にあうオイルクレンジングを見つけたり、使用頻度を下げることで使えるかと思います。

 

 

 

水クレンジング

 

ウォータータイプのクレンジングです。
水クレンジングとかクレンジングウォーターと呼ばれることが多いです。
水のようなクレンジング料で、ほとんどの商品がコットンに水クレンジングを染み込ませ、
それで顔を拭いてメイクを落としていく使い方をします。

 

コットンで拭き取った後、洗顔や化粧水も不要といわれる商品も多く、
時短のクレンジングとしても人気があります。

 

 

幅広い肌質の方におすすめです。
拭き取りでメイク落としをしたい人におすすめです。
少しメイクが落ちにくいので、濃いメイクの方は避けた方がいいかもしれません。

 

 

 

クレンジングジェル

 

ジェルタイプのクレンジングです。
適量を肌に乗せ、メイクをなじませるようにした後洗い流す使い方をするのが多いですね。

 

クレンジングオイルよりは劣りますが、毛穴汚れも落としやすい上にオイルよりも肌に優しく、
ダブル洗顔不要だったり、洗顔料としても使用できる商品もあります。

 

近年は温感で毛穴などの汚れを落としやすくするクレンジングジェルも話題になっています。
多くの肌質で使用できることもあり、最近注目のクレンジングです。

 

 

幅広い肌質の方・毛穴の汚れが気になる方におすすめです。
これ一つで洗顔を終わらせたいという人におすすめです。

 

 

 

 

シートクレンジング

 

シートタイプのクレンジングです。
水クレンジングはコットンを用意して染み込ませて拭き取りますが、
元々クレンジング液がしみ込んだシートを取り出してそのままふき取るだけ。
かなり便利です。

 

これだけあればどこでもメイクオフができるので持ち歩きにも便利。
洗顔・化粧水が不要なものも多いです。

 

ただ、使い方によっては肌の刺激になるので要注意です。
また、他のメイク落としと比べると少し落ちが悪いこともあるので注意してください。

 

全ての肌質の方、手軽にメイク落としをしたい人におすすめです。
敏感肌の人、酷い乾燥肌の人は肌にあったものを探したり、弱い力でふき取るようにしてみてください。

 

 

 

 

クレンジングミルク

 

ミルクタイプのクレンジングです。
乳液のような感じの柔らかいクレンジング液です。
肌になじませたり、コットンに含ませてふき取って使用します。

 

美容液や油分が含まれているため、肌への刺激が少なく乾燥肌にいいといわれるクレンジングで
特に冬場には人気のクレンジングですが、メイクの落ちが少し悪いので注意が必要です。

 

乾燥肌、低刺激のメイク落としを探している方におすすめです。
少しメイクが落ちにくいので落とすときはじっくり落とすように注意してください。

 

 

 

クリームクレンジング

 

クリームタイプのクレンジングです。
上で紹介したクレンジングミルクと似ていますが、もっと固く、クリーム状です。
適量を手に取り、顔のメイクとなじませながら使います。

 

肌になじませる際にマッサージを兼ねて使用できる商品もあります。
(ダメと書かれているものもあるので注意してください)

 

乾燥の季節にもいいクレンジングですが、意外に結構刺激が強い商品もあります。

 

 

脂性肌・ニキビ肌以外の肌質の方におすすめです。

 

 

 

固形(ソリッド)メイク落とし

 

固形タイプのクレンジングです。クリームクレンジングよりも固めですが、
手のひらに乗せると体温で溶けてメイクになじむといった特徴があります。

 

溶けた後の使い心地はオイルクレンジングに近いですが、
美容液成分が配合されているものもあるせいか
肌の負担は少な目です。

 

まだ数は少ないですが、注目のクレンジングです♪

 

 

乾燥肌、油分を取りすぎずメイクオフしたい方におすすめです。
メイクとメイク落としをしっかりなじませることを意識してみてください。

 

 

この他にもありますし、複数のクレンジングの特徴を持つ、カテゴライズしにくい商品も出てきています。
種類によっての特徴を超えて複数のメリットを持つメイク落としも増えてきているため、

 

  • 苦手だと思ったオイルクレンジングなのに肌に合った
  • ミルククレンジングだけど毛穴に詰まらない
  • さっぱり落ちるのに全然乾燥しない!

 

など、苦手意識があったメイク落としでも新たな発見があることも。
ですので、当サイトでは、一つの種類に偏らず、幅広い中からおすすめのメイク落としを紹介することにしました。
30代40代以降の大人女性向けのメイク落としで、口コミでも実際使ってみても「これはいい!」と感じた商品です。

 

 

.

【タイプ別】おすすめのメイク落としランキング

 

上でも紹介したタイプの中から、使ってみた実感と口コミから、
おすすめのクレンジングを紹介します♪

 

近年、いいメイク落としが次々出てきていまして、
以前使ってダメだと思ったタイプの中にも、これはスゴイ!と感じるクレンジングも複数ありました!!

 

 

 

口コミの人気と管理人のおすすめを合わせて、ランキング形式にしてみました。

 

 

アテニア スキンクリアクレンズオイル

 

アテニア オイルクレンジング

 

30代以降の女性でオイルクレンジングを探しているならこれがおすすめです!

 

メイク落ちの良さ、毛穴の汚れオフの力はそのままに、
オイルクレンジングとは思えない刺激のなさは感動しました!

 

クレンジングオイルを使った後に化粧水をしばらくつけなくてもいいかも、と思ったのは
このクレンジングが初めてです。

 

乾燥しにくく負担が少ないからでしょうか、
肌の乾燥はもちろん、小じわやほうれい線にもいい感じですね。

 

肌のくすみにもいい感じえす。

 

美容成分も配合されていて、今までのオイルクレンジングのイメージが変わります。

 

 

 

 

 

 

 

ビオルガ クレンジングジェル

 

ビオルガ クレンジングジェル

 

今注目の温感タイプのクレンジングジェルです。肌に乗せるとぽかぽかと暖かくなってきて
毛穴が開き、メイクや汚れをオフしやすくしてくれます♪

 

透明なジェルがやさしく肌に広がってメイクをオフします。
顔に広げてすぐにメイクがなじんで落ちる感じがするのがスゴイですね。

 

ジェルクレンジングですが落ちが早くしっかりしてること、
それなのに低刺激な使い心地は◎。

 

ジェルクレンジングで珍しい無添加&和漢植物エキス配合タイプ。
また、8種類の和漢植物エキスが配合されているというのが珍しいですね。

 

メイドインジャパンで品質に安心できるのも大きな魅力です。

 

40代以上の女性や毛穴に悩んでる方に特におすすめのクレンジングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンプルール クレンジングミルク

 

アンプルール クレンジングミルク

 

肌に優しくメイクが落とせると人気のクレンジングミルク。

 

ミルクタイプなので刺激は少ないのですが、その分落ちが悪いのと
油分が多いのか私は使用すると吹き出物(ニキビ)になることが多々あったのですが、
アンプルールのクレンジングミルクは吹き出物になりません!

 

また、落ちもよく、一度でしっかり落ちます。

 

美白成分のハイドロキノンも配合されているのでシミやくすみ対策にも。

 

少し目に染みることがあるのでこの順位ですが、
ミルククレンジングの中ではNo1のおすすめです!!

 

※アンプルールはトライアルセットの中にクレンジングミルク(パウチ)が入っています。クレンジング以外のアイテムもおすすめですし安いのでそちらを紹介します。
まずトライアルで肌に合うかどうか試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

ソリッド DUOザ・クレンジング

 

メイク落とし DUOザクレンジング

 

 

優しい使い心地で乾燥からくる小じわなどのケアをしながらメイク落としをするなら
ソリッドタイプのデュオザクレンジングがおすすめです!

 

元々大人の女性に向けて作られたクレンジングだけあって、
30代以降の女性の肌には合いやすいかと思います。

 

ソリッドクレンジングを肌に乗せると柔らかく溶けて肌に馴染みます。

 

べた付かないのですが、優しくメイクとなじみながら落としていくので負担が少ない感じです。
クレンジング時にマッサージを意識しながら使用している人もいるようですよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

以上4位まで順位をつけていますが、すべてタイプが異なるメイク落としです。
どれも非常によく、特長的な商品で、それぞれのタイプの中でイチオシのメイク落としです。

 

これら4つは、30代40代以降の女性にとてもおすすめのメイク落としですが、
どういう部分で選べばいいのかを自分なりに考えてみました。

 

 

メイク落とし、選び方のポイントは??

 

 

 

しっかりメイクを落とすことを優先したいなら

 

アテニアのオイルクレンジング

 

メイク落とし オイル

 

紹介しているどのメイク落としもしっかりメイクが落ちるのですが、
やはり、オイルクレンジングは一番メイク落ちが早くてしっかり落ちます。

 

普通のオイルタイプのクレンジングにありがちな乾燥がないのがアテニアのオイルクレンジングのすごさです。
しっかり落ちるのに、乾燥や刺激は感じません。

 

また、肌のくすみ対策にも一役買ってくれます。

 

 

 

毛穴の汚れを落とすのなら

 

ビオルガのジェルクレンジング

 

メイク落とし 毛穴

 

毛穴の汚れを落とすクレンジングといったらオイルクレンジングというイメージが非常に強かったですが、
今回はビオルガのクレンジングジェルをおすすめします。

 

粘着力があるというか、絡めて取るというか、メイクと一緒に落としてくれている感じがあります。
特に大人世代の毛穴の悩みにアプローチしてくれるメイク落としです。

 

ジェルクレンジングはメイク落としの中でも毛穴の汚れも落ちやすい商品が多いですが、
その中でもなかなかの毛穴すっきり感があるかなーと思います。

 

 

 

クレンジング時にマッサージも意識したいなら

 

ビオルガのジェルクレンジングかソリッドクレンジング

 

 

オイルのメイク落としや水クレンジング、クレンジングミルクなどと比べると
粘度が高くすぐに流れてしまわないので、軽いマッサージに向いているのはジェルタイプとソリッドタイプです。

 

どちらがいいかは好みになると思いますが、個人的にはオイル分が少な目で弾力もあるジェルタイプが好きですね。

 

また、乾燥しやすい冬にはソリッドタイプ、それ以外の季節にはジェルタイプなど使い分けもおすすめです。

 

 

メイク落としの間違った使い方

 

メイク落とし NG

 

メイク落としを使うとき、意外に間違いが多いんです。
他の化粧品と違って手順を確認したりせず適当に使うことも多いですし、いいと思っていた思い込みから間違えていることもしばしば。
勘違いしがちなクレンジング方法についてまとめたいと思います。

 

クレンジングの使用量は少な目・・はNG!

メイク落とし NG

メイク落としは肌に強く負担になるから、なるべく負担を減らすためにクレンジングの使用量を減らすというのはNGです。

 

メイク落としは肌からメイクを落とすものです。ある程度の量がないと肌をそのままこすることになり、摩擦が起きて肌を痛めます。
それぞれの商品に明記されている適量を使いましょう。
(それでも少なく感じるときは少し多めの方がいいです)

 

 

メイクをしっかり落とすため、力を入れてゴシゴシ擦りながら落とす・・はNG!

メイク落とし NG

メイクをしっかり落とさなければ!という意識でメイク落としを使うときってどうしても力が入りがちです。

 

でも、やはり力が強かったり、こすりすぎたりすると、摩擦が起きて肌を痛める原因になりますし、色素沈着を起こすことも。
30代40代女性にとって、濃いシミに繋がる色素沈着は避けたいところです。

 

「メイクとクレンジングをなじませて浮かせるようにして落とす」ということを意識するといいですよ。

 

また、メイク落ちの悪いクレンジングは使用しない方がいいです。
当サイトのランキングで紹介しているメイク落としはどれもメイク落ちがいいのでおすすめですよ♪

 

 

クレンジングを長い間肌に乗せておくことはNG!

メイク落とし NG

長い間肌の上にメイク落としを乗せておくのはよくありません。

 

「落とす」機能の化粧品ですので肌が乾燥したり荒れたり、トラブルの原因になります。
なるべく短く、とすぐに洗い流す必要はありませんが、あまりに長い間メイク落としを肌に乗せておくのは止めた方がいいです。

 

ゆっくりメイクを落としたい、マッサージしながら落としたいという場合には、そういうタイプのメイク落としを選ぶといいと思います。

 

上で紹介している【DUOザ・クレンジング】は固形タイプで、軽くマッサージしながら使用することも考えて作られています。
これを使ってじっくり時間をかけてメイク落としをしたことがありますが、肌荒れや乾燥は全くなくて驚きました。

 

メイク落とし NG

 

また、【ビオルガクレンジングジェル】のようなジェルタイプのクレンジングも、マッサージしながら使うことを考えて作られているタイプも少なくないので(肌荒れもしにくいです)そういうメイク落としを選ぶのもいいかと思います。

 

洗浄力が高めのクレンジングは早めに流した方がいいですね。

 

 

日焼け止めやナチュラルメイクではクレンジングしなくていいの?

 

メイク落としと日焼け止め

 

夏に限らず一年中使うことも増えてきた【日焼け止め】。
休日など、メイクはしたくないけれど日焼け止めだけは塗っておこう、という使い方をしている人もいるのでは?

 

日焼け止めを塗った日はクレンジングはしなくていいのでしょうか?

 

基本的にはクレンジングをした方がいいです。UVカット機能がしっかりしていたり、ウォータープルーフだったりと高機能の日焼け止めは特に必要ですね。
日焼け止めには油分が入っているものも多く、しっかり落とさないと毛穴詰まりやニキビ、乾燥など、大人の肌でもトラブルになりやすいです。
また、昔と比べて肌にやさしいタイプが増えてきたとはいえ、肌の負担にはなりやすいので、きちんと落とすことは大事かと思います。

 

 

洗顔料だけで落とせる日焼け止めも

 

最近ではクレンジングではなく日焼け止めで落とせる洗顔料も出ています。
そういう日焼け止めなら洗顔料でしっかりと洗顔すれば大丈夫かな、と思います。

 

ただ、私の経験ではありますが・・・
洗顔料で落とせる日焼け止めを何度も塗り直して使っていたとき、洗顔料だけでは落ち切った感じがしないなと感じることがありました。
でもまぁいいか、とそのまま数日続けていたら、案の定?肌荒れ。
どうやらしっかり落とせてなかったようなんです。

 

その経験から、しっかりと落とそう!と思って、洗顔に力が入りました。
いつもよりも時間をかけて洗顔したり、2度石鹸で洗ったりしていたところ、今度は乾燥して肌荒れ。

 

色々試行錯誤した結果、ダブル洗顔不要のメイク落としで肌に優しい、合いやすいものを使って落とすのが一番負担にならない、という結論に行きつきました笑

 

以上のことから、日焼け止めは洗顔料で落とせるというタイプの商品でも、しっかり落とすのがいいです、でも肌の負担になりすぎないように、洗顔だけで足りないようならメイク落としを使うのも大事だよ、と伝えたいなと思います(^^;

 

 

ナチュラルメイクやミネラルファンデーションならメイク落とし不要?

 

メイク落とし ナチュラルメイク

 

リキッドファンデなどを使わず、下地とルースパウダー位のナチュラルメイクなら、洗顔だけで落ちるのでは?
ミネラルファンデーションは石鹸で落ちるって書いてあるからクレンジング不要だよね?

 

私もそう思っていたことがあります。

 

例え、パウダーファンデだけの軽いメイクであっても、空気中の汚れや皮脂を吸着して酸化してしまいます。
また、マスカラや口紅、アイラインといったポイントメイクをしていた場合には、それはきちんと落とした方がいいです。
なので、ナチュラルメイクであっても、クレンジングでオフした方がいいです。

 

しっかりメイクの時用と軽いメイクの時用でメイク落としを分ける使い方もいいですよ。
しっかりメイクの時はアテニアのオイルクレンジング、軽めメイクの時はビオルガのクレンジングジェルかアンプルールのクレンジングミルク、と使い分けています。(軽いメイクの時は使う量もちょこっと少な目にしています)

 

ミネラルファンデーションの場合は

 

ミネラルファンデーションの場合は、石鹸で落ちるということがはっきり書かれている商品については大丈夫では、と思います。
ただ、時々ミネラルファンデーションや似たような名前なのに普通のファンデーションとあまり変わらないような商品もあります、そういうときには注意してみてください。

 

また、ミネラルファンデーションであっても、なんか石鹸だとしっかり落ちてない感じがする・・という場合にはメイク落としの使用をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

洗顔、クレンジングなど汚れを落とすことは美肌の基本と言われます。
その一方、他の基礎化粧品と比べると、あまり意識して選ばないことも。

 

商品も種類が多様な割に肌質・年代によっての違いが少なかったですが、最近は、肌質や年代別で見てもいい商品が増えてきています。

 

美容液やクリームと比べると選ぶ際にあまり気合の入らない商品かな?と思うのですが、
メイク落としを変えただけで肌の調子が変わったり、その後のスキンケアが変わったりと、何気に大きな差を感じる場合もあります。

 

今のメイク落とし、どうなんだろう?もう少しいい商品ないかな?と思ったら
是非、一度他のメイク落としを試して見てください。

 

その際に当サイトが多少の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

※当サイトの表現は管理人が感じたものであり、その効果を保障するものではありません。

 

 

 

 

 

 

メイク落とし ランキング TOPへ